就職・キャリア・クレジットカード・ゲーム/エンタメ・ショッピングの気になる情報をご紹介

【体験談】クレジットカードの請求が払えなくなったらどうすればいいのか?

【体験談】クレジットカードの請求が払えなくなったらどうすればいいのか?

クレジットカードの請求が払えなくなったらどうすればいいのかについて、実際に私が債務整理に至った体験を元に解説します。これを読んでいる方にはクレジットカードをつい使い過ぎたり、何かのアクシデントで給料やバイト代が思ってたより入らなかったりと、請求関連のトラブルが発生した方もいると思いますのでまずやるべき事を先に出しておきます。

やるべき事一覧がこちら

  • 支払い方法の変更で払えないか検討する
  • クレジットカード会社の相談窓口に電話すること
  • 債務整理専門の弁護士に相談する事

上から順番に対応して行けば基本問題ありません。共通して言える大切な事は

どうにかはなるので焦らない

です。焦ってもいい事はないのでこの先の解説を読んで冷静に対処していきましょう。

ここからはそれぞれの項目について詳しく説明していきます。

関連記事

クレジットヒストリーに不安な人でも審査が通りやすいクレジットカード クレジットカードやローンを通す際に審査を行いますが、その審査の際にまず用いられるのがクレジットヒストリー(通称クレヒス)です。 その人がどんなお金の貸し[…]

支払い方法を変えて払えるか検討する

急に想像以上の支払額を目にした時、おそらく驚いて頭の中が真っ白になるかも知れません。

しかしながらクレジットカードの支払い方法は一括払いだけではなく、多額の支払いに対応出来る様、リボ払い、分割払いと複数存在しており、カードによって若干異なりますが支払い回数や期間によって金利がかかるものの、自分の収入の範囲内で月々払える額まで調整出来ればこの方法が一番効果的です。それぞれカード会社のマイページから手続きが出来るので、早いうちに利用するといいでしょう。

しかし一つ注意ですが、マイページから手続きが出来るのは支払い遅延扱いになっていないタイミングに限ります。もし支払い期限に間に合わなかった、催促が来てしまったとなったら次以降の方法を試してください。

※この方法が使えそうな目安は支払額が50万円以下位になります。※月収30万円前後の場合

クレジットカード会社の相談窓口に電話する

支払いが遅延した事が認められるとカード会社から支払いの催促の電話がかかってきます。しかしこの電話かかってくる前に自分から掛ける方が実は印象も良く、前向きに話が進みます。筆者は実際に上の方法で払う事が出来ないと気がついた時点で電話したところ支払い期間の延長や回数の相談に乗ってくれた。相手も人間なので自分から正直に話してくれた方が、協力的になるようです。

一つ注意したいのは向こうからかけてきた場合。嫌な電話なので無視したいところですが、その場合勤務先などに電話がかかってきてしまうので必ず出る、もしくは折り返す事を意識してください。

クレジットカード会社からかけてくる場合、支払いの問い合わせセンターから掛けてくるケースと債務者専門の部署から掛けてくるケースと2種類あります。基本的に問い合わせセンターで電話に出ない、もしくは支払い能力がどうしても無いと判断されると債務者専門部署に回され、催促がきつくなります。筆者の経験だと

「お金を何に使ったのか?」

「払えないと分かって使ったのか?」

「どうやって返すつもりか?」

等かなりの質問攻めにあいました。。ここまで来ると基本的には自分では返せない額である事が殆どですので、色々と答えるのではなく、

「弁護士に依頼してありますのでご連絡が行きます」

との旨を伝えて次のステップに進んでください。

債務整理の弁護士に相談しに行く

支払い方法でも返す目処が立たず、電話で相談しても返せないとなると弁護士に相談してもらい、債権者であるクレジットカード会社と債務者である自分の間に入って話をしてもらいます。

弁護士事務所とどのような借金解決の施策を使うか相談し、方針が決まり次第着手金や返済プランの提示をしてもらいます。

そこからはクレジットカード会社への連絡は全て弁護士が代行してくれるので自分から連絡を取る必要はなくなります。

弁護士から提示される選択肢は

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

の3つがあります。状況に合わせて提案してくれるので基本的に指示に従ってOK。弁護士に依頼する着手金が1万円~5万円程最初にかかりますが、それも返済プランに含まれた金額で基本的に提示してくれるので指示に従って問題ありません。

筆者も実際に相談に行って任意整理を提案頂き、そのままクレジットカード会社に連絡もしてくれたので、相談以来電話も止んで非常に助かりました。また相談時間も1時間程で終わったので、面倒に思わず相談しに行くのが一番です。

債務整理を依頼する弁護士は専門の弁護士に依頼しましょう。債務整理のノウハウや実績もある方が交渉までスムーズに進み、完済までサポートしてくれる事が多いです。

必ずしも債務整理が受理されるわけではないので、少しでも成功の可能性を高める為にも専門の業者に依頼する事をお勧めします。

関連記事

クレジットカードを発行するにはカード会社の審査に通過する必要があります。 審査には信用機関からの信用情報(クレジットヒストリー)や年収、勤めている会社の社会的信用度、家などの資産状況を総合的に加味される事になります。 […]

まとめ

お金のトラブルでも特に身近なクレジットカード関連のトラブル。もし自分で判断が難しければ最初から弁護士に相談するのも手です。筆者も初回相談無料だったので行きやすかったというのもプラスでした。起きた時は驚くこともありますが、しっかりやる事を整理して対処すれば大きなトラブルに発展する事もありません。上記のガイドラインのフローに沿って乗り越えて貰える事を祈っています。